高知家の特産品ポータルサイト

  • 高知家
  • 観光したい!よさこいネット
  • 移住に興味あり!高知家で暮らす。

アイスクリン。アイスクリームでもかき氷でもない、シャリシャリ食感!

  • facebook
  • twitter
  1. HOME
  2. 高知のえいもん、おいしいもん
  3. お菓子
  4. アイスクリン。アイスクリームでもかき氷でもない、シャリシャリ食感!

アイスクリン。アイスクリームでもかき氷でもない、シャリシャリ食感!

お菓子 2017.04.01

アイスクリン

「アイスクリン」とは

アイスクリン高知を代表するスイーツと言えば、「アイスクリン」。砂糖、卵、脱脂粉乳、バナナ香料等で作られる乳脂肪分3%以下の氷菓子のことで、見た目はアイスクリームですが、専門的な分類によると、かき氷の仲間になるのだそう。舌触りはアイスクリームよりあっさり、かき氷よりしっとり。独特のサクサク、シャリシャリの食感と、さっぱりとした甘さはやみつきになること請け合いです。定番は、ほんのりバナナ味の白いアイスクリンですが、抹茶・ゆず・あずき・いちご・メロン・みかん・ソーダ・チョコレートなどもあり、バラエティ豊かな味が楽しめます。

まっちゃ
まっちゃ

ゆず
ゆず

いちご
いちご

チョコ
チョコ

なぜ高知名物になったの

アイスクリン「アイスクリン」は、20年ほど前までは全国どこにでもあったようですが、いまもこれだけ街中で普通に売られているのは高知だけだそうです。実は戦後、物資不足とあまり儲けもないということで、昭和30年ごろには組合の人数も20人までに減少しました。しかし自動車の普及で、ドライバー目当てに道路脇で販売するアイスクリン屋さんが急増し、県内に100本以上のパラソルの花が咲きました。その間、「アイスクリン」の名称の珍しさや、高知にアイスクリンの商売人が多いということが、マスコミに取り上げられ、高知名物として親しまれるようになったのです。

アイスクリンはここがおいしい

アイスクリン甘さ控えめのあっさりした風味が、高知の風土に合っているからでしょうか。高知では子どもからお年寄りまで、みんな「アイスクリン」が大好きです。桂浜や高知城などの観光地に売られているのはもちろん、国道沿いや道の駅などあらゆる場所でアイスクリンを売る移動式のパラソルが見られます。ドライブの途中に、家族で遊びに行ったときに、飲み会の帰りに、買って食べ歩きをするも良し。買いだめして冷凍庫に入れ、お風呂上がりに少しずつ食べるのも良し。すっきりとした味とほのかな甘さが疲れを癒してくれます。普通のアイスクリームと違って甘すぎないので、ついつい食べ過ぎてしまうかも!?

「アイスクリン」の歴史

高知アイスクリーム商工業協同組合アイスクリームを日本で最初に食べたのは、明治維新の立役者、勝海舟や福沢諭吉たちです。渡米視察(万延元年:1860年)の時に船上にてアイスクリームを食べたと言われ、その後、「珍しき物有り 氷をいろいろに染め、物の形を作る。これを(あいすくりん)という」と、その帰朝報告書に記されています。
日本では、明治2年、横浜馬車道通りで町田房蔵という人が、“あいすくりん”として製造販売したのが始まりです。高知では、大正10年、高知アイスクリーム商工業協同組合が設立され、130人の組合員が県内各地で行商をしていました。

この特産品を使った産品を探す
県産品データベースへ

お菓子カテゴリの特産品

芋ケンピ。パキパキ、ポキポキ。甘くて懐かしい味。

お菓子 2017.04.01
高知県名物スイーツ「芋ケンピ」とは 高知では馴染みのお菓子。誰もが幼いころからおやつとして食べてきた懐かしい味です。サツマイモを油で揚げ、砂糖蜜をからめただけ。この素朴なお菓子を高知では「芋ケンピ」と呼んでいます。ルーツは古く、江戸時代中期といわれています。薩摩から土佐に伝えられたサツマイモは丈夫な上、台風などの被害を受けにくく、盛んに栽培されるようになりました。土佐の気候風土にマッチし豊かな収穫をもたらすサツマイモを貴重な油で揚げた菓子は、その昔、ハレの日の食べ物として大切に供されたとい...

高知のお菓子。アイスクリン・芋ケンピ・ぼうしパン

お菓子 2017.04.01
土佐の風土が育んだ素朴な味わい 豪快に開けた太平洋と険しい四国山地に囲まれた高知県には、その風土にふさわしいスイーツがたくさんあります。焼けるような日差しの中、潮風を受けながらいただくのに最高な、さっぱり味のアイスクリンは大人気。お取り寄せして一口食べたとたん、一気にあなたを高知へと誘ってくれるでしょう。 日だまりのような あたたかな味 アイスクリンに芋けんぴ…etc。土佐のスイーツはどれも、どこか懐かしい味がします。 「小さい頃、縁側でおばあちゃんと一緒に食べた」「お小遣いを出して友達同...

ぼうしパン。キュートでおいしい高知のご当地パン!

お菓子 2017.04.01
ぼうしパンの誕生秘話 まさに帽子の形をした「ぼうしパン」。 表面はほんのり甘くてサクサク食感、中にはふんわり真っ白パンが隠れている高知発祥・高知限定の逸品です。 このパンが誕生したのは昭和30年頃のこと。とあるパン工場で、職人さんがメロンパンを作っておりました。メロンパンは発酵前の丸めたパンにビスケット生地をかけて作られるのですが、1つだけビスケット生地をかけ忘れたパンがあったのです。発酵後に気がつき、慌ててビスケット生地をかけて焼いたところ、まるで帽子のような形に焼き上がったのだそう。「...

アイスクリン。アイスクリームでもかき氷でもない、シャリシャリ食感!

お菓子 2017.04.01
「アイスクリン」とは 高知を代表するスイーツと言えば、「アイスクリン」。砂糖、卵、脱脂粉乳、バナナ香料等で作られる乳脂肪分3%以下の氷菓子のことで、見た目はアイスクリームですが、専門的な分類によると、かき氷の仲間になるのだそう。舌触りはアイスクリームよりあっさり、かき氷よりしっとり。独特のサクサク、シャリシャリの食感と、さっぱりとした甘さはやみつきになること請け合いです。定番は、ほんのりバナナ味の白いアイスクリンですが、抹茶・ゆず・あずき・いちご・メロン・みかん・ソーダ・チョコレートなども...

その他のスイーツ。ケーキ・アイス・和菓子・お土産菓子

お菓子 2017.04.01
甘い幸せを高知からお取り寄せ 家族と過ごす団らん、友達とのおしゃべり、さらに一人でこっそり楽しむ贅沢に欠かせないのが「スイーツ」です。 ケーキや和菓子、焼き菓子など高知県には都会に負けないぐらい、おいしいスイーツがたくさんあります!あなたのお気に入りNo.1スイーツもきっと見つかるはず。 南国土佐が生んだ絶品アイスに注目! 高知のスイーツで欠かせないものといえば、温暖な気候が生んだ素晴らしき「アイス」の数々です。どこか懐かしさを感じさせる「アイスクリン」をはじめ、高知の特産品を生かした「ご...