高知家の特産品ポータルサイト

  • 高知家
  • 観光したい!よさこいネット
  • 移住に興味あり!高知家で暮らす。

土佐のあかうし。肉本来の旨味を追求した和牛

  • facebook
  • twitter
  1. HOME
  2. 高知のえいもん、おいしいもん
  3. 畜産物
  4. 土佐のあかうし。肉本来の旨味を追求した和牛

土佐のあかうし。肉本来の旨味を追求した和牛

畜産物 2017.04.01

土佐のあかうし

土佐あかうし(土佐褐毛牛)とは

土佐あかうし土佐あかうし土佐あかうしは土佐褐毛牛ともいわれ、高知県の山間部を中心に飼育されている褐色の毛色をした牛で、年間300~400頭しか出荷されていない貴重な品種。土佐和牛「土佐あかうし」として流通しています。そのルーツは明治時代の半ばから田畑の使役牛として輸入された韓牛や九州方面から連れてこられたもの。日射しが強く急斜面の多い高知に適したこれらの牛たちが、大切に飼われていました。
その後、農耕の機械化により肉用牛として改良が重ねられ、昭和19年に「褐毛和種(あかげわしゅ)」として認定されました。

主な産地 高知県の山間部(土佐町、本山町など)

噛むほどに広がる赤身のうまさ

土佐あかうし赤身肉全国的に、黒毛和牛というたっぷりとサシが入った和牛が多くを占めますが、高知県を代表する土佐あかうしの美味しさは赤身のうまさ。干草や野草をふんだんに与え、コクとうまみたっぷりの赤身を追求して改良を重ね作り上げた自慢の牛です。小ザシという細かな脂肪が入った赤身はジューシーできめ細かく適度な歯応え。噛むほどに肉本来のうまみがじんわりと広がり、余韻を愉しめる味わい。
赤身の人気に乗り、ミシュラン星付きのレストランで提供されるなど人気が高まってきています。
また、霜降り肉とは異なり、あっさりしているので一度にたくさん食べることができ、胃にもたれることがないと好評です。

土佐あかうしのおすすめ料理法

土佐あかうしのタタキ土佐あかうしのタタキあっさりしたモモ肉ブロックの表面のみをフライパンでソテーし、中身はレアな状態でスライス。自慢の赤身肉のうまさを100%味わえる料理です。

土佐あかうしサーロインステーキ土佐あかうしサーロインステーキ好みの焼き加減で土佐あかうしそのもののうまみを堪能!適度な脂肪がコクを醸し、ジューシーでやわらか。

土佐あかうしロースですき焼き土佐あかうしロースですき焼き適度な脂を乗せたロース肉のすき焼きは、胃にもたれることなくいくらでも食べられます。他の食材にまで土佐あかうしのうまみがしみこみ、食後の満足感はピカイチ。

土佐あかうしカルビで焼肉土佐あかうしカルビで焼肉赤身と脂肪のバランスよい極上肉で焼肉。シンプルに塩で食べれば肉本来の味が分かります。「最高の肉を食べた!」と実感すること間違いなし。

おとなしくて人懐こい土佐あかうし

土佐あかうし丈夫で病気にも強い土佐あかうしは、性格がおだやかでとても人懐こい。そのため、とても飼育しやすく昔から放牧が盛んに行なわれてきました。山の牧場や耕作していない土地での放牧も多く見られます。放牧された牛たちは草を食べ、元気に運動し足腰を鍛えます。出産前の母牛を放牧すると、充分な運動と日光浴で健康にストレスなく過ごし、丈夫な子牛を産むというメリットもあるのです。

赤身と脂肪のバランスがいいと美味しい理由

熟成した赤身肉にはイノシン酸などのアミノ酸がたっぷり。これが牛肉本来のうまみを生み出します。 脂肪に含まれているオレイン酸などの不飽和脂肪酸は和牛独特の風味を醸します。 このバランスのよさがコクはあるのに重たすぎず、あっさりした味わいの肉質を実現。後味よく、いくらでも食べられるというわけです。

この特産品を使った産品を探す
県産品データベースへ

畜産物カテゴリの特産品

健康一番!大自然育ちが自慢です。土佐ジロー

畜産物 2017.04.01
土佐ジローとは 1988年、高知県で誕生した土佐ジローは、全国初の卵肉兼用地鶏。どこの地鶏にも負けない鶏を作ろうと10数年の歳月をかけて開発を行い、高知県原産の土佐地鶏を父親に、ロードアイランドレッドを母親として生まれた一代雑種の地鶏です。 卵は小ぶりながらも濃厚な風味の有精卵。じっくりと育て上げられた肉は、うまみ濃く噛み応え充分。昔懐かしい地鶏の味を存分に堪能できます。 主な産地 安芸市、南国市など のびのびと、高知の自然の中で育まれる さんさんと降り注ぐ南国高知の太陽を浴び、広いオープ...

龍馬が愛した、龍馬が食べ損ねたうまい肉。軍鶏(シャモ)

畜産物 2017.04.01
うま味も食感も抜群のシャモ肉 主な産地 南国市 旬 冬 かつて米の二期作が盛んだった南国市では、農家の庭先でクズ米をエサにシャモが飼われていました。 その風景とシャモ肉を復活させようと「ごめんシャモ研究会」が発足。 現在、南国市では同研究会が中心となってシャモの飼育やメニュー開発などが盛んに行われています。 シャモ肉の特徴といえば、力強いうま味。 脂分は少なめでサッパリとしていますが、濃厚な味わいが出るためスープで楽しむ料理や野菜をたっぷり使う料理と好相性です。 また、肉に締まりがあってコ...

キジ・イノシシ・シカ。自然豊かな山々が育む個性派肉

畜産物 2017.04.01
美味しくて栄養価も理想的なキジ肉 日本の国鳥でありながら狩猟対象になっているキジ。その理由の一つに「肉が美味」ということが含まれているんです!特に高知県産キジ肉は、肉質が柔らかくてうま味が強いと評判。これは自然豊かな環境下での飼育によって、ストレスなく育っているせいからかもしれませんね。 また、キジ肉のもう一つの魅力は栄養価が理想的であること。高タンパク質・低脂肪でローカロリー。さらに、リンやカリウムといったミネラル分も豊富です。 料理にするなら「キジ鍋」がおすすめ!しょうゆ、みりん、酒な...

土佐のあかうし。肉本来の旨味を追求した和牛

畜産物 2017.04.01
土佐あかうし(土佐褐毛牛)とは 土佐あかうしは土佐褐毛牛ともいわれ、高知県の山間部を中心に飼育されている褐色の毛色をした牛で、年間300~400頭しか出荷されていない貴重な品種。土佐和牛「土佐あかうし」として流通しています。そのルーツは明治時代の半ばから田畑の使役牛として輸入された韓牛や九州方面から連れてこられたもの。日射しが強く急斜面の多い高知に適したこれらの牛たちが、大切に飼われていました。 その後、農耕の機械化により肉用牛として改良が重ねられ、昭和19年に「褐毛和種(あかげわしゅ)」...

土佐の風土を受け継いだ地鶏です。土佐はちきん地鶏

畜産物イチオシ 2017.04.01
豊かな自然で育った 土佐はちきん地鶏 土佐はちきん地鶏は高知県で開発された新しい地鶏。高品質で味がよく、生産性の高い鶏を目指して、気の遠くなるほどの交配を重ねること5年。 坂本龍馬が好んで食したというコーチン系の土佐の地鶏「大軍鶏」と「土佐九斤」をかけあわせたクキンシャモを父親に、白色プリマスロックを母親にして、ついに誕生したのが土佐はちきん地鶏です。 現在、大川村や室戸市、土佐清水市で飼育。豊かな自然とこだわりのある生産者に見守られながら元気に成長しています。 高知の豊かな自然の中で育て...