高知家の特産品ポータルサイト

  • 高知家
  • 観光したい!よさこいネット
  • 移住に興味あり!高知家で暮らす。

高知のえいもん、おいしいもん

  • facebook
  • twitter
  1. HOME
  2. 高知のえいもん、おいしいもん

高知のえいもん、おいしいもん

川海老(手長エビ)。最後の清流、四万十育ちの極上品

川の恵み 2017.04.01
川海老(手長エビ)とは 高知の清流が育んだ川の恵み「川海老」。四万十川、仁淀川などで春から夏にかけて漁獲されます。雄のハサミが体長を超えるほど長いので「手長エビ」という名前が付けられています。どんなに頑張っても一日1キロも採れない貴重品。れでも、昔ながらの漁法にこだわり、自然と向き合い、こだわっています。から揚げや煮物にしていただくと、一噛みごとに、美しい情景が浮かぶような滋味あふれる味わい。 豊かな風土が生み出した川の幸を、川漁師の伝統の技で捕り、自然の営みに感謝しつつ噛みしめる。土佐の...

文旦(ぶんたん)。濃厚な甘さと爽やかな酸味の調和した贅沢果実

野菜・果物イチオシ 2017.04.01
高知の果物の王様「文旦」 目を見張るほど大きな果実。お日さまのようなあたたかな色あい。ほのかに漂う独特のさわやかな香り。一粒食べると、 プリプリっとした小さな実がはじけて、果汁がジュワーッと口いっぱいに広がります。全国一の出荷量を誇る土佐の「文旦」。 高知を代表する果物で、露地栽培とハウス栽培の「土佐文旦」と、ハウス栽培で糖度が高く上品な甘さの「水晶文旦」とがあります。 冬の高知のあたたかい日差しに育まれ、一粒一粒がまるで宝石のような輝きを放っています。 高知では、秋の「水晶文旦」から始ま...

にら。日本一の生産地

野菜・果物イチオシ 2017.04.01
日本一の生産量・出荷量を誇る にら 高知県では、温暖な気候と長年の研究により、多くのにらが、栽培・出荷されています。その出荷割合は、全国のおよそ4分の1!生産量、出荷量ともに全国1位です。 また時期によって、ハウス栽培と露地での栽培を行い、一年中出荷されています。 高知県のにらは肉厚でやわらかく、香りが強いことが特長です。 にらの香りは硫化アリルの一種であるアリシンという成分によるもので、ビタミンB1の働きを助けます。ビタミンB1が多い豚肉と一緒に炒める「にら豚」が高知県のスタミナ料理の定...

健康一番!大自然育ちが自慢です。土佐ジロー

畜産物 2017.04.01
土佐ジローとは 1988年、高知県で誕生した土佐ジローは、全国初の卵肉兼用地鶏。どこの地鶏にも負けない鶏を作ろうと10数年の歳月をかけて開発を行い、高知県原産の土佐地鶏を父親に、ロードアイランドレッドを母親として生まれた一代雑種の地鶏です。 卵は小ぶりながらも濃厚な風味の有精卵。じっくりと育て上げられた肉は、うまみ濃く噛み応え充分。昔懐かしい地鶏の味を存分に堪能できます。 主な産地 安芸市、南国市など のびのびと、高知の自然の中で育まれる さんさんと降り注ぐ南国高知の太陽を浴び、広いオープ...

シイラ(マヒマヒ)。実は高級魚!いろんな料理に使える万能魚

海産物 2017.04.01
不思議な姿をしたシイラ。海外では高級人気魚 スズキ目に属するシイラは熱帯・温帯海域に分布する回遊魚です。 大きいものでは体長2m、体重40kgにも達することも! オスは成長にともなって額が隆起してくるのが特徴で、一度見たら忘れられないような独特な姿をしています。銀色の体には青や緑のグラデーションがかかった上に金色の斑点があり、海から揚がったときにはめまぐるしく色が変化することから「虹の魚」とも言われています。日本では雑魚として扱われることが多いシイラですが、ハワイでは「マヒマヒ」という名で...

干物。酒の相棒、土佐の漁師のご馳走たち

海産物 2017.04.01
あんな魚も、こんな魚も干物になる 土佐の漁師にとって干物は、普段着のご馳走。近海で獲れた魚を、売って、刺身で食べて、干物にしてまた食べる。「これは辛口土佐酒とともに、じっくり焼いて、ちびりと酒と飲(や)る。それが最高の時間よ」と漁師たちは語ります。その種類も多彩で、鯵やウルメなどはもちろん、ニロギやメヒカリなど、珍しい干物も。 また、神秘の水が湧き上がる室戸海洋深層水仕立ての商品も多く、ふんわり甘みがただよい、美味しさをさらに引き立てます。 土佐のウルメは全国的にも珍重される高級品 一本ず...

極上の脂のり、プリッとした歯ごたえ。ゴマサバ

海産物 2017.04.01
「ゴマサバ」とは 高知のサバといえば、土佐清水港に水揚げされる「ゴマサバ」が有名です。風光明媚な足摺岬で知られる四国西南端の土佐清水市。太平洋に面し、すぐ沖を黒潮が流れるため漁場に恵まれ、県下でも有数の漁業の街です。近くに全国的に知られたサバの漁場があり、一年を通じて「立縄漁法」によるサバ漁が行われます。 高知県漁協清水統括支所に水揚げされた脂の乗りのいい高鮮度の「ゴマサバ」を〈土佐の清水さば〉と認定、ほかのサバと差別化し、ブランド化しました。漁協では鮮度の高い清水サバを消費者に提供するた...

土佐の木工品。職人の熟練の技が冴える「森の芸術作品」

その他 2017.04.01
森林豊かな高知 森林面積が県土の80%以上を占める日本一の森林県。この環境下で暮らす高知県人は、山の機嫌を伺い、海を育み、大地を守ってきました。山を守ることは、ただ木を伐採しなければ良いということではありません。木の特性を知り、間伐を行うことで、山は荒れることなく継続していきます。そして健康な山から、家や家具になる丈夫な木が育まれます。その工程で生まれる間伐材は、捨てられることなく新しい息吹を与えられ木工製品として生まれ変わります。 これらはエコロジカルという枠を超え、温かみを与えるととも...

アールスメロン。とろけるようの食感と甘さにうっとり

野菜・果物 2017.04.01
アールスメロンはメロン界の王様! 数あるフルーツの中でもスターとして輝きを放つメロン。多種多様の品種がある中で、『最高級』と言われているのがアールスフェボリット種の仲間である「アールスメロン」です。このアールスメロンは高温多日照を好むため、温暖な高知県の環境と相性が良く、高知県の出荷量は日本トップクラス!そして、ジューシーな果肉からとろけるような香りと甘さが広がり、おいしさもトップクラスです!! 産品の旬 通年 主な産地 高知市、南国市、土佐市、香南市など キレイな網目は努力の証 アールス...

四方竹(しほうちく)。秋のわずかな期間にしか採れない細長いタケノコ

野菜・果物 2017.04.01
秋に旬を迎える珍しいタケノコ 高知の秋の味覚で欠かせないものといえば、この「四方竹」。 中国南部原産の多年生常緑竹で、高知県に入ってきたのは明治10年頃。 南国市白木谷の人が中国から持ち帰ったのが栽培の始まりだと言われています。 春に旬を迎えるタケノコとは大きく違い、細長くて、キレイな黄緑色をしています。 横に切ってみると、断面が四角い形をしているのも特徴的。 アクが少なく、シャキシャキとした食感も良いことから高知では人気の食材です。 主な産地 高知市、南国市など 旬 秋 期間限定の珍味が...
1 / 612345...